カメラ・写真

一眼レフで撮った写真をすぐスマホへ転送!wifi機能搭載のSDカード選び

前回お伝えしたように、仕事用で一眼レフカメラ(Canon EOS Kiss X7)を使用しています。

「値段が手ごろで、評価が高い入門機」
そんなイメージでデジタル一眼レフを探していました。
すぐにEOS Kissに辿り着き購入。

この時にはまだデジタル一眼レフカメラ本体にWifi機能が備わったものがある事すら知りませんでした。
そしてその存在を知ってから、すぐに得た情報が「Wifi機能が搭載されてSDカード」があるということ。

一眼歴の長い方には当たり前のような情報かもしれませんが、私の周りでも意外と知らなかった方もいましたので、今回はこのSDカードの紹介を。

どんな事ができるのか

想像通りのことができます(笑)
デジタル一眼レフで撮影した写真を、Wifiでスマートフォン等に転送し、閲覧・保存ができるのです。

今までは、一眼レフで撮影した写真って、自宅のパソコンとカードリーダーを接続して、カードを差し込み読み込んで…と考えただけで少し面倒な流れだったのですが、これがいとも簡単に、その場で転送できてしまうので楽チンです。

出先、旅先で友達にも簡単にシェアできますし、スマートフォンに転送できればすぐにSNSへアップロードもできちゃいます。
これは買いです。

“買い”なのですが、どれを買えば良いのかで悩みました。
種類が幾つかあるんです。

今日は有名な2種類のWifi機能付きSDカードを紹介します。

Eyefi(アイファイ)


Eyefi公式

アイファイ社は、このWifi内臓SDカードを最初に出したメーカーです。
ですので「見たことある!」という方も少なくないはず。

Eyefiの特徴としては

  • 撮った写真を全て自動で転送してくれる
  • パソコンと連動するのでフォトストリームのような使い方が可能
  • 全て転送されるので、バッテリーの消耗が早い
  • パソコンと連動される場合にはEyefi mobiというアプリをインストールすれば簡単に転送できるようです。
    撮った写真を全てまとめて転送・保存・管理したい方には申し分ない機能が揃っているように思えます。

    Flash Air(フラッシュエアー)


    FlashAir公式

    先程のEyefiとよく比較対象になるのがこちらのFlash Air。
    Flash Airの特徴としては

  • 撮った写真の中から選んでスマホに転送する
  • 専用のアプリを立ち上げる→SDカードにWifiで接続→写真を選択して保存する。という一手間かける必要がある
  • 写真を選択するので、スマホやタブレットの容量は気にならない
  • バッテリーの消耗もさほど気にならない
  • 大きな違いはこんなところ。使い勝手が違いますね。
    読み込み・書き込みスピードは両方ともClass10に対応している商品がありますので、変わりはありませんし、値段もそれほど差はありません。

    私自身はFlash Airの32GBを購入しました。

    基本的な使い方としては
    「すぐにSNSにアップしたい時」
    「すぐに友達に写真をあげたい時」

    このタイミングがメインですので、それ以外はパソコンに接続してから転送・保存しています。

    どのような使い方をするかを考えながら選ぶと良いかもしれませんね。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    関連記事

    1. カメラ・写真

      デジタル一眼レフで月を綺麗に撮影する方法!初心者・入門機でも大丈夫です!

      仕事で写真撮影を行う機会もあり、今年初めてデジタル一眼レフカメラを手に…

    2. カメラ・写真

      【ART】Photographer Go Yamamoto 写真展がCLUB PETU Art Br…

      先日、好きな写真家さんの写真展に行ってきました。"paraly…

    WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

    NEW ARTICLE

    1. ハワイ

      【Ukulele】Crazy Gは初心者でも弾けるようになる!オススメの動画とタ…
    2. ハワイ

      DCT JAPAN DUS-152K コンサートウクレレを連れて
    3. iPhoneアプリ

      【SEO】Google検索順位がチェックできるiPhoneアプリ
    4. ハワイ

      ハワイで海賊船に乗って宝探し!童心を擽る夢のようなツアー
    5. 仕事

      【仕事】時間を生み出す効率化!5つの方法
    PAGE TOP