仕事

「子供は自分の思い通りにはならない」というのが基本

自分の思い通りにならない時にどうしてもイライラしてしまう事、きっと大人でもあるでしょう。
大人の方があるかもしれませんね。
イライラの原因を紐解いていくと理由は様々でしょうが、「自分の願望が強すぎた」「信じていたのに裏切られた」「親の言う通りにしてくれない」

子育てでは「親」と「子」
仕事では「上司」と「部下」のように、関係性がハッキリしている状況下で、下の立場の人間が思うように行動してくれないケースは、上の人間にとって、時として腹立たしく思う事もあるのかと思います。

「思った事を言ってくれない」
「本当の事を話してくれない」

こんな悩みを抱えている「親」や「上司」も沢山いることでしょう。

私が子供のころ、自身の父親と母親の会話でこんな話を耳にした事があります。
子供は、親の思い通りになるわけがない。思い通りにならないというのを前提に考えなければいけない。

なんとなく耳にしたセリフがずっと耳に残っていて、今は私も親になり子育て真っ只中ではありますが、この言葉に何度も救われています。

思い通りにならないという事を大前提に考えなければ、いつまで経っても責任を「子供」に押し付けてしまいます。
「この子は言ってもきかない」
「親の気持ちのわからない子だ」

親の気持ちがわからないのは当然です。
私も子供のうちは全くわかりませんでしたから(笑)

ですが、思い通りにならないという事を大前提に考えると、”自分自身に原因はなかったか”などと追及し始めます。
「どう伝えれば良いだろう」
「タイミングが良くなかったかな」
「表情で威圧してなかったかな」

そんな事を考え始めると、意識は自然と相手の心へ向き始めますよね。
「あの時どうして言うことを聞いてくれなかったのだろう」
「この子はどんな気持ちだったんだろう」

親がこんな事を考えてあげられる小さな余裕が生まれれば、空気は少しずつ少しずつ変わり始めるような気がします。

もちろん、それでも思い通りにはならないんですよ(笑)
それはあくまでも、あくまでも大前提。

子供といえど、部下といえど、親や上司という自分とは別の立場の関係性の中でもがいている「人」ですから。

心の片隅に小さな余裕を持っていれば、”相手が発したいもの”を今より受け入れられるようになるかもしれませんよね。
「余裕なんてないよ!」という声が聞こえてきそうですが、それも重々理解しているうえでの話です。

その「余裕なんてないよ!」という自分との戦いです。
子供を育てたり、部下を教育したりするという事は、それだけパワーが必要な事なんですね。

思い通りにならないという大前提をもって、関係性を越えた良い関係をつくっていけたら素敵ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 仕事

    【仕事】時間を生み出す効率化!5つの方法

    「仕事の効率化」なんて言葉は聞き飽きてしまうくらい飛び交っていますよね…

  2. 仕事

    吸い寄せられるように手にした本 「仕事をつくる全技術」 大塚寿

    10代20代と、映画や音楽には触れてきましたが、活字に触れることは少な…

  3. 仕事

    WordPressで作成したネイルサロンのホームページ!参考になる12選

    仕事でWordpressを触る機会も多いのですが、色々見ていると、ここ…

  4. 仕事

    小林正典(江崎グリコ・マーケター)の「プロフェッショナルとは」

    2015年6月22日、帰宅して何気なくテレビをつけると「プロフェッショ…

  5. 仕事

    【Evernote】2段階認識と暗号化でセキュリティレベルをUP

    何かと便利なEvernote。私自身、仕事でもプライベートでも活用…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

NEW ARTICLE

  1. 日常

    除夜の鐘はなぜ108回?初詣の前に知っておきたい豆知識
  2. iPhoneアプリ

    フリーランス必見!請求書・見積書がスマホやタブレットで簡単に作成できるアプリ「M…
  3. iPhoneアプリ

    【Quick Adsense】iPhoneでGoogle Adsense収益額を…
  4. iPhoneアプリ

    【LINE】ラインスケジュールでイベント参加の可否を確認!スケジュール調整にはコ…
  5. 仕事

    WEBメディアのライティングに必要な「一次情報」と「温度感」
PAGE TOP