DIARY

【Ukulele】Crazy Gは初心者でも弾けるようになる!オススメの動画とタブ譜

もうすっかり夏は終わりましたが、自宅でウクレレを奏でている時間は夏を感じます。

ウクレレ初心者でも多くの方に知られている「Crazy G(クレイジー G)」ですが、ウクレレを始めたばかりの頃はYoutubeで動画をひたすら視聴しながら、手元を何度も確認してなんとか近いかたちに辿り着き、慣れてくると本当に気持ちの良いものでした。

今日はCrazy GのオススメYoutube動画と、楽譜を紹介します。

Crazy Gとは

クレイジーGとはハワイのトラディショナルでウクレレの練習曲として定番曲です。
ハワイでは初めてウクレレにさわるような子供がこの曲を練習するほどで、ある意味日本でピアノを引惹き始めた子供が「ねこふんじゃた」を弾きたがるようなものです。

とはいえこれが奥深く、あのジェイクシマブクロさんもライブで演奏するほど。
まずは基本的なスタイルをマスターしてから、応用、アレンジなどを加えて楽しめたらと思います。

よくわかるUKULELE講座定番クレージーGを徹底解説 – YouTube

私が最初にゆっくり視聴していた動画がこちら。
藤が岡ミュージックスクールの講師「奥山敏美さん」が演奏・解説されています。非常にわかりやすい。

リズムや指使いなど、初心者でもわかりやすく解説してくださっているので、自宅でウクレレレッスンを受けているような感覚になりますよね。

Jake ShimabukuroのCrazy G!

本当はお見せした動画があったのですが、Youtube内で探したらなくなってました。
削除されてしまったのかもしれませんね。
しかしこれもめちゃくちゃかっこ良いです。

コンサートやLIVEではJake Shimabukuroさんの人柄なども含めて楽しめますね!
他の楽曲もYoutubeに幾つかありましたので是非チェックしてみてください。

Crazy Gのタブ譜

最後はCrazy Gのタブ譜の紹介。
タブ譜とは、五線譜とは違い、視覚的に理解できるように改良されたギターやウクレレなどの弦楽器用の楽譜です。
これは音楽知識がなくても譜面が読めない方でも大丈夫
書いてある通りにその位置を抑えれば、その音が鳴りますから。
もちろんチューニングは最初にしっかりとやってください(笑)

タブ譜で楽曲のリズムや音を掴んで、同時にコードも理解していけると今後色んな場面で約に立つと思います。

Crazy Gの譜面はなかなか見当たらなかったのですが、こちらにありましたので是非見ながら弾いてみてください。

tabg1-2

tabg2-2
出典:http://www.cobastudio.com/

いかがでしたでしょうか。
また今後もウクレレに関する素敵な情報があればお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. DIARY

    資生堂ELIXIR(エリクシール)のブランドムービーが素敵!

    通勤中の電車の中では、できる限り沢山の記事を消費して吸収しています。…

  2. DIARY

    ハワイで海賊船に乗って宝探し!童心を擽る夢のようなツアー

    「海賊船」「宝探し」なんてキーワードは、特に男性は聞いただけでワクワク…

  3. DIARY

    【iPhone】読めない漢字の読み方を最速で調べる方法があった

    iPhoneの使用頻度や目的は人それぞれですが、私自身はニュースや気に…

  4. DIARY

    ボジョレーヌーボー解禁日の理由と歴史に習う、「質」を守る事の大切さ

    もうすぐ今年もボジョレーヌーボーの解禁日ですね。毎年この機会にボジョ…

  5. DIARY

    そんなに!?と驚く程アンパンマンが人気な3つの理由

    「子供はみんなアンパンマンが好きだよねー」と、親同士はよく話します。…

  6. DIARY

    5号機ジャグラーで生計を立てている本気のスロプロと腰を据えてみた

    ダホログで突然なんだ?というようなタイトルですが先日パチスロのプロ…

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

CATEGORY

NEW ARTICLE

  1. WEB

    WordPressで作成したネイルサロンのホームページ!参考になる12選
  2. GADGET

    【Analytics】無料!日本語!”今日”のアクセスも…
  3. WEB

    僅か1分で導入できる!「この記事が気に入ったらいいね」はwordpressプラグ…
  4. DIARY

    資生堂ELIXIR(エリクシール)のブランドムービーが素敵!
  5. DIARY

    吸い寄せられるように手にした本 「仕事をつくる全技術」 大塚寿
PAGE TOP